【プログラミングスクールと独学】おすすめと向いている人の特徴まとめ

【プログラミングスクールと独学】おすすめと向いている人の特徴まとめ

プログラミングスクールと独学で悩んでいる人「プログラミングを学ぶのは独学とプログラミングスクールに通うのとどちらがいいんだろう?独学すべき人とプログラミングスクールに通う必要がある人を知りたいです。興味はありますが、プログラミングは向いていないと思います。」


こういった疑問に答えます。

この記事を書いている僕はプログラミング歴は7年程度になります。
プログラミングを始めた当初は独学とスクールに通い、今現在も独学でプログラミングを学んでいます。

こういった僕が解説していきます。

プログラミングスクールと独学どちらがいいのか【どちらもおすすめ】

結論ですが、どちらもおすすめです。


理由はどちらもメリットがあるから。


それぞれのメリットを以下にまとめてみました。

プログラミングスクールのメリット

  1. 人から教えてもらえる
  2. 学ぶ環境が揃っている
  3. 就職保証してくれるスクールも存在する

独学のメリット

  1. お金があまりかからないのでハードルが低い
  2. 無料の教材もたくさん世の中にあるので学ぶには十分


実際に私自身もプログラミングスクールと独学は経験済みです。


私の経験上、プログラミングスクールのいいところはわからなくなったら教えてもらえることだと思います。

また、独学の場合はプログラミングスクールに比べるとお金がかからないのと、無料の教材もたくさんあるので十分に学ぶことができます。


よって、どちらもプログラミングスクールも独学もおすすめできます。

完全未経験者はプログラミングスクールがおすすめ

これまでを見てきた人の中で「とはいっても人によるのでは?」と思う方もいると思います。

もちろん人によるとは思います。
次の章で詳しく書きますが、メリットを見た上で判断してみてください。


ただ、正直プログラミング未経験の方だと「わからないことがわからない状態」に陥りやすかったりするのでモチベーションを保つのが大変です。


なので、完全未経験者で誰かに教えてもらえる環境にない人はプログラミングスクールをおすすめします。


※プログラミングスクールについて以下の記事によくまとまっているので参考にしてみてください。

現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール5社:無料あり

とにかく継続することが大事

また、プログラミングを学ぶ上で重要なのは継続することです。


※独学でも継続できる方法が以下の記事でよくまとまっているので参考にしてみてください。

【独学】現役エンジニアの僕が実践するプログラミングの勉強方法

プログラミングスクールに通う必要がある人と独学すべき人

とはいっても、「プログラミングスクールに通う必要がある人」と「独学すべき人」の指標があると便利かと思うので自分なりに考えてみました。


以下になります。

プログラミングスクールに通う必要がある人

プログラミングスクールに通う必要がある人の特徴は以下です。

プログラミングスクールに通う必要がある人の特徴

その①:ガチの完全未経験者
その②:だれにも教えてもらえる環境にない人


ガチの未経験者は本当に何をしていいのかわからないものです。


実際に私もプログラミングをはじめた当初は同じでした。

独学からはじめたものの「すべてが意味わからない。頭に入ってこない。わからないことがわからない。」こんな感じでした。


こういった苦労をすることも財産になるのでいいとは思いますが、壁にぶつかって諦めるひとが多すぎる気がします。

未経験者が教えてもらいながら学ぶことで進むスピードが圧倒的に早くなる印象です。


私自身も独学した後にスクールに通いましたが、情報が頭に入ってきやすかったです。

3ヶ月ほどである程度1つのプログラミング言語を扱えるようになりました。


なので、学べる環境に自分を投じることが必要になるかと思います。

無料カウンセリングをしているプログラミングスクールも多いので一回相談してみるのもありかと思います。

現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール5社:無料あり

独学すべき人

独学すべき人の特徴は以下です。

独学すべき人の特徴

その①:1つ以上のプログラミング言語ないし技術についてある程度扱える人
その②:教えてもらえる環境にある人


1つのプログラミング技術を扱えるようになっている人はある程度プログラミングを学ぶことの勘所をつかめているかと思います。


正直プログラミング言語でいうと文法とかほとんど同じだったりします。
なので、学ぶスピードも1回目に比べたら圧倒的に早いです。


また、未経験採用で就職して先輩に教えてもらえる環境にある人は独学でも問題ないと思います。
独学よりも実際に働いて学ぶことのほうが実践的であり有益です。


そんな方はどんどん独学していきましょう!

【独学】現役エンジニアの僕が実践するプログラミングの勉強方法

独学は当たり前が現実

ぶっちゃけ、プログラミングを独学するのは当たり前です。


厳しいことを言うかとは思いますが、常に独学しないと技術進歩に追いついていけません。

独学しないと食っていけなくなるので、みんな何かしらの独学をしていると思います。


なので、未経験者の方は独学することは当たり前だと思っておきましょう。


その上で「プログラミングスクールに通う」のか、「独学からはじめる」のかを検討してみてください。


また、プログラミング経験者でもプログラミングが苦手である方もいると思います。

そういった方はプログラミング独学に対して苦手意識があるかもしれません。


独学は無理ではありません。


※以下の記事にプログラミング独学についてよくまとまっているので参考にしてみてください。

プログラミングは独学でも問題ない理由【100時間で習得すべき】

プログラミングに向き不向きは存在しない

独学は当たり前だということを聞くと、「自分には向いていないのでは?」と思う方もいるかもしれません。


結論からいうと、大丈夫です。

プログラミングには向き不向きはありません。


理由は以下です。

プログラミングには向き不向きがない理由

  • 自分に向いている仕事をしている人はごくわずかだから
  • そもそも学生時代に決めた職業なんて当てにならないです


「今働いている仕事が自分に向いている」と思っている人はごくわずかだと思います。

逆に、向いていると思っていなくても、誇りをもって働いている人はたくさんいます。


つまり、実際に学んだり、働いたりしながら好きになる努力をすることが大切かと思います。


また、ほとんどの人が学生時代に決めた職業で働いていると思いますが、ぶっちゃけ社会人経験のない学生が選んだ職業なんて当てにならないです。

ただ、純粋にやってみたいとかそういった理由ではじめて、今現在も続けているひとが多いと思います。


そんな私ですが以前に以下のツイートをしました。


プログラミング学ぶことに踏み出せない人は考えすぎな気がします

僕の場合は、

「カフェでMacBookかっこいい!」

で始めました笑

今思うと、「MacBook=プログラミング」じゃなくね?と思いますが、現実はこんなもんです。

みんな気負いすぎ!!!



結論、みなさん不安になりすぎです。


仕事をしながらでもプログラミングは学んでいけます。
気負いすぎずに、まず一歩踏み出すことが大事だと思います。


最後にプログラミングには向き不向きはありません!
やるかやらないかだと思います!

というわけで今回は以上です。



次やることは明確です。プログラミング学習を始めましょう!